やっぱりチェーホフ‼

無事「彼の町」終わりました。
おいでいただいた皆様ありがとうございました❗

ロシア演劇好きの私にはチェーホフは憧れでもあり、目標でもあります。
銅鑼に入ったばかりの時、「中二階のある家」と言う短編を勉強会でやり、
瑞穂さんがやった『想い出のチェーホフ』は素晴らしかったので劇団銅鑼に入ったという経緯があります。

その後『三人姉妹』を企画してアトリエで上演しました。
その時は乳母役をやりました。

銅鑼は基本的に創作劇をやる劇団なので、なかなかチャンスが無かったけど、いつも瑞穂さんの話を聞いていたので、又チャンスがあればやりたい気持ちはいつもあります。

今回改めてチェーホフ好きになりました。
まずはサハリン島について読んでみよう❗
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック